Index
検索

災害看護とは

刻々と変化する状況の中で被災者に必要とされる医療および看護の専門知識を提供することであり、その能力を最大限に生かして被災地域・被災者の為に働くことである。したがって、被災直後の災害救急医療から精神看護・感染症対策・保健指導など広範囲にわたり、災害急性期における被災者・被災地域への援助だけでなく災害すべてが災害看護の対象となる。

最新ニュース
投稿者: admin 投稿日時: 2020-8-26 12:16:06 (70 ヒット)

オンラインセミナー

「新型コロナ禍における災害看護を考える」

  
 2020年は2月以降covid-19が大きな影を落としました。7月に発生した大雨による「水害」被災地支援も感染拡大を防ぐために遠隔地からの支援は難しいのが現状です。今後の災害看護をどのように方向づけるかを皆さんと共に考えてまいりましょう。

日程:2020年9月27日(日)
オンラインセミナー(zoom利用)
9:30 WEB受付
10:00「新型コロナ禍における避難所立ち上げ」
13:00「新型コロナの感染者と家族、支援者のメンタルサポート」

受講料:会員=2千円 非会員=3千円 学生=千円
・申込み書はダウンロード

主催:NPO法人災害看護支援機構(理事長:小原真理子)  
担当:齋藤正子,根岸京子,酒井彰久