Index
検索
| RSS |
講座案内 : 第2回 災害看護セミナーのご案内(終了)
投稿者: admin 投稿日時: 2007-12-07 12:27:00 (3573 ヒット)

第2回 災害看護セミナーのご案内
〜病院における危機管理と看護職の役割〜

 災害看護セミナーの第2回目は、災害発生に対する、日頃の病院の危機管理のあり方、看護職の役割についての考察、さらに、災害発生時入院患者の安全の確保、避難誘導についてなどを事例や机上シュミレーションを交えて学びます。
 災害が多発する現状です。多くの方々のご参加をお待ちしています。

研修テーマ:病院における危機管理と看護職の役割
日時:平成20年1月12日(土)9:30〜16:30
会場:神戸市勤労会館 405・406号室
対象:看護師・ケアマネージャー・医療福祉関係者・看護系教員・継続教育の担当者100名
参加費:6000円(お弁当つき)
 ※参加費の 払い込み先
  郵便振替  口座番号  00990-8-106173
        口座名称  災害看護支援セミナーの会
申込み:下記連絡先にFAX及びE-mailにてお申し込みください。定員になり次第締め切ります。

*プログラム及びご挨拶は別紙ご覧下さい。

                     

連絡先 特定非営利活動法人 災害看護支援機構・神戸事務所
 副理事長 黒田裕子
 〒651-2109 神戸市西区前開南町1-2-1
 (阪神高齢者・障害者支援ネットワーク内)
 TEL:078-976-5050
 FAX:078-977-0224
 E-mail:hks-sien-net@h8.dion.ne.jp




NPO法人 災害看護支援機構
Disaster Nursing Support Organization

平成19年10月

NPO法人災害看護支援機構主催 第2回災害看護セミナーのご案内

 私ども「NPO法人災害看護支援機構」では、9月22日、23日の2日に亘る第1回目の災害看護セミナーを神戸で開催致しました。災害看護が看護基礎教育に導入されるに当たり、災害看護教育プログラムの立案、災害看護の教授法を中心に、セミナーのプログラムを展開してゆきました。参加者は看護基礎教育の先生方や、病院の災害看護の継続教育に携わる方が大半で、皆さんの積極的な学習態度は、私達主催者側にも多いに刺激となりました。第1回目セミナーの開催を通して、私達は本NPOが開催するセミナーの意義について確信することができ、また課題も見出すことができました。開催にご尽力を下さった方々に感謝申し上げます。

 第2回目セミナーのテーマは、「病院における危機管理と看護職の役割」と設定しました。災害が多発する現状から、災害発生時に病院の看護職として多数の入院患者様の安全を守りながら避難誘導することは、病院危機管理の重要な部分を占めますが、それは容易いことではなく、専門的な判断力や行動力が必要とされます。今回は基調講演で2名の講師に、病院の危機管理のあり方、そして避難誘導の実際についてお話しをして頂きます。その後、「入院患者様の安全な避難誘導」をテーマとするシミュレーションを通して、さらに理解を深めてゆきます。

 テーマに関心のある方、災害看護の学習に興味のある方、どなたでもご参加をお待ちしております。ご参加については、下記の応募要領をご参照の上、お申し込み下さい。

 皆様のご参加について、一同心よりお待ちしております。どうぞ宜しくお願い致します。


災害看護支援機構DNSO主催 第2回災害看護セミナープログラム
研修テーマ:病院における危機管理と看護職の役割

セミナーの目的:

  • 1.地震などの災害発生に対し、日頃の病院の危機管理のあり方や看護職の役割を 考察する。
  • 2.地震などの災害発生時、入院患者の安全を確保した上での避難誘導方法について、 事例や机上シミュレーションを通して具体的な方法を学ぶ。

プログラム内容

2008年1月12日(土)
時間プログラム講師
9:30受付
9:50〜10:00オリエンテーション
開催の挨拶
DNSO理事長・
 山崎 達枝
10:00〜11:30講演1.病院における危機管理
 〜安全な避難!再点検!〜
総務省消防庁消防大学校消防研究センター所長
神戸大学名誉教授
NPO法人 理事
 室崎益輝先生
11:30〜11:40休憩
11:40〜12:40講演2.災害発生時における安全な避難
 ー中越地震発生時、看護職はどう判断し、行動したかー
新潟県小千谷総合病院
前看護部長
 佐藤和美氏
12:40〜13:40昼食
13:40〜16:00机上シミュレーション
 テーマ:災害発生時、入院患者の安全な避難誘導
DNSO理事長 :山崎 達枝
DNSO副理事長:黒田 裕子
16:00〜16:20質疑応答、意見交換
16:20〜16:30閉会の挨拶
アンケート