Index
検索
| RSS |
  
投稿者: admin 投稿日時: 2015-08-20 15:14:39 (852 ヒット)

今年度は 認定コースではありません。

(1)日時:2015年11月22日(日) 10:00~16:30  テーマ:災害に強い病院づくり 
      場所:神戸市神戸ポートアイランド  臨床研究情報センター
      講師:2014年度災害看護学会WS参加者によるシュミレーション
      基調講演講師:依頼中

(2)日時:2016年2月28日(土)  10:00~16:30  テーマ:避難所立ち上げと運営
      場所:県民会館

※2回目の日程と開場が変更になっております。(2015.12.7追記)
 変更前日時:2月13日 場所:臨床研究センター
 変更後日時:2月28日 場所:県民会館


投稿者: admin 投稿日時: 2014-04-14 17:30:00 (1905 ヒット)

通算第3回災害看護活動推進員認定育成コース
「シミュレーションを通して学ぶ他職種連携に伴うコーディネーションの実際的方法」

 DNSOでは23年度及び25年度の災害看護活動推進員認定コースセミナーに引き続き、26年度3回目の認定コースセミナーを開催致します。26年度のテーマは、25年度の「災害看護のコーディネーターの育成」のテーマに連動し、「シミュレーションを通して学ぶ他職種連携に伴うコーディネーションの実際的方法」と設定しました。救命救急を中心課題とする災害急性期から、長い困難な道のりを必要とされる被災者自身の生活再建と復興、そして減災に繋げる災害の備え、各現場では、他職種との連携なくして、被災者や救援者の各課題を全うすることはできません。災害看護の各現場で、看護コーディネーターの立場で多数の看護職及び他職種との連携調整を、具体的にどう展開したらよいか、シミュレーションを通して、被災者の健康・生活上の課題に挑戦できるか、その能力の育成をねらいとしています。
 前回と同様に、26年度も下記5回のセミナーをシリーズとしてプログラムしました。多くの皆様の受講をお待ちしています。尚、当セミナーは看護職だけでなく、被災地で看護職と協働する他職種の方々の受講も受け付けています。他職種の方々と共に、学びを深めてゆきたいと企画しています。

※参加者の皆様へ:
9月27日・28日の第2回・第3回の会場を
「臨床研究情報センター」→「センタープラザ西館」に変更
にしております。
よろしくお願いいたします。(2014.9.22追記)

第1回目:5月18日(日)

        10:00-12:00 「災害医療に伴うCSCATTT」
                  中山伸一(兵庫県災害医療センター長)
        13:00-16:30 シミュレーション「現場、病院におけるCSCATTT」

第2回目:9月27日(土)

        10:00-12:00 「他職種連携と法律について」
                  永井幸寿(弁護士 アンサー法律事務所)
        13:00-16:30 災害発生後、地域保健復興上の連携 
                  シミュレーション「地域アセスメントと連携」
                  名古屋市昭和保健所保健予防課長  日高橘子

第3回目:9月28日(日)

        10:00-12:00 「情報連携」
                  木村拓郎(減災・復興支援機構理事長)
        13:00-16:30 「Inter Professional Work」
                  シミュレーション「災害現場に活かすIPW」
                  田村由美・内木美恵(日本赤十字看護大学)

第4回目:平成27年2月21日(土)

        10:00-12:00 物流連携
                  尾形英也(ヤマト運輸 気仙沼支店田中前センター)
        13:00-16:30 シミュレーション「避難所内の支援資機材及び物資の配給と連携」

第5回目:平成27年2月22日(日)

地域におけるコーデイネートの実際

        10:00-12:00 「連携と交渉能力」
                  桜井誠一(総務省地域力創造アドバイザー)
        13:00-16:30  各グループで役割連携(情報・物流・行政)をロールプレイで行う


会場

第1回、第4回、第5回 臨床研究情報センター(TRI) ポートアイランド
             神戸市中央区港島南町1丁目5番地4号
             TEL:078-306-3655 FAX:078-306-3656
第2回、第3回 センタープラザ西館 8号室
             神戸市中央区三宮2丁目11番1-604号 6階
             TEL:078-331-5311 FAX:078-331-9618
※第2回・第3回の会場を「臨床研究情報センター」→「センタープラザ西館」に変更しております。

ダウンロード:

コースの案内と募集要項(2014dnso_info.doc/Word)
申込書(2014dnso_entry.xls/Excel)


問合せ
NPO法人災害看護支援機構
神戸市西区前開南町1-2-1 
電話:078-976-5050 FAX:078-977-0224
E−mail:dnso5050@gmail.com



投稿者: admin 投稿日時: 2014-01-29 12:00:00 (3588 ヒット)

平成25年度NPO-DNSO災害看護支援機構 災害看護セミナーの開催
第2回災害看護活動推進員認定育成コース「災害看護コーデイネーターの育成」

 DNSOでは23年度認定セミナーに引き続き、2回目の災害看護活動推進員認定コースセミナーを開催致します。今年のテーマは、「災害看護コーデイネーターの育成」と設定しました。その意図は、3.11東日本大震災で活躍した多くの被災看護師及び支援看護師の活動の経験知と、今後、東南海トラフや東京直下型地震が予測される日本の現状から、災害現場を全体的に把握しアセスメントできる能力と、多数の看護職及び他職種との連携調整を行う能力を持ったコーデイネーターの育成が急務と考えたからです。今、看護界では、多数の被災者の健康や避難生活に対応する役割と共に、看護職の活動を統括するコーデイネーターが求められています。
 前回と同様に、25年度も下記5回のセミナーをシリーズとしてプログラムしました。多くの皆様の受講をお待ちしています。尚、当セミナーは看護職だけでなく、被災地で看護職と協働する他職種の方々の受講も受け付けています。他職種の方々と共に、学びを深めてゆきたいと企画しています。

※第2回の講義時刻を修正(2013.9.30)
※第2回のタイトルと講師、第4回のタイトルを追加・修正(2013.9.13)
※第2回、第3回を台風のため延期(2013.10.24)
※第4回の講師を追加・修正(2014.1.29)
※第4回の講師を変更:DNSO副理事長 山崎達枝→日本赤十字看護大学講師 内木 美恵 氏(2014.2.3)

第1回目:7月27日(土)10:00-15:30 

    地域におけるコーデイネートの実際と課題

        10:00-12:00 「看護職に求められる災害看護の役割」
                  人と防災・未来センター センター長 河田 恵昭 氏
        13:00-15:00 「地域における災害医療コーデイネートの実際と課題」
                  東北大学病院総合地域医療教育支援部教授 石井 正 氏

 ※第2回・第3回は台風27号接近のため、平成26年3月末に日程変更いたしました。

第4回目:平成26年2月22日(土)10:00-17:00

    病院から他施設への後方搬送におけるコーデイネート

        10:00-12:00 病院から他施設への後方搬送におけるコーデイネートの実際と課題
                  元気仙沼市立病院看護部長 熊谷 律子 氏
        13:00-16:30 講義「原発被災者に対する中長期支援の実際と課題」
                 シミュレーション「被災地の病院と地域との連携」
                    日本赤十字看護大学講師 内木 美恵 氏

第5回目:平成26年2月23日(日)

        10:00-12:00 「研究的視点で災害現場をみる」
                  DNSO副理事長・福井大学医学部看護学科 酒井 明子
        13:00-15:00 「人に寄り添う人間復興」
                  DNSO理事・元関西学院大学総合政策部 室崎 益輝
        15:15-16:15 年間シリーズのまとめ、今後の課題 DNSO理事長 黒田 裕子

第2回目:平成25年10月26日(土)→平成26年3月29日(土)10:00-17:00

    災害初期(避難所)におけるコーデイネート

        10:00-12:00 「災害初期, 避難所におけるコーデイネートの実際と課題」
                  DNSO理事・中越防災安全機構理事 稲垣 文彦
        13:00-14:30 赤十字救護活動における他職種間のコーデイネートの実際と課題
                  日本赤十字看護大学 国際・災害看護学教授 東浦 洋 氏
        14:45-16:45 シミュレーション「災害初期、現場における他職種間の連携」
                  日本赤十字看護大学 国際・災害看護学教授 東浦 洋 氏

第3回目:平成25年10月27日(日)→平成26年3月30日(日)10:00-17:00

    災害中長期(仮設住宅)のコーデイネート

        10:00-12:00 「被災地の地域保健復興におけるコーデイネートの実際と課題」
                  名古屋市緑保健所保健予防課長 日高 橘子 氏
        13:00-16:30 シミュレーション「被災地域におけるコミュニテイアセスメント」
                  DNSO副理事長・日本赤十字看護大学 小原 真理子


ダウンロード:
コースの案内と募集要項(2013dnso_info.doc/Word)
申込書(2013dnso_entry.doc/Word)


*交渉中の講師は確定次第HPにアップしていきます。

*会場は各会 第1回(7月27日)神戸市教育会館   地下鉄「県庁前」下車徒歩5分
     第2、3、4、5回は臨床研究情報センター(TRI) ポートアイランド

*各回参加費: 会員  1回6,000円(食事・資料代含む)
     非会員 1回7,000円(食事・資料代含む)

*参加費振込先
     郵便振替
      郵便振口座:  00990-8-106173
      加入者名: 災害看護支援セミナーの会

問合せ
NPO法人災害看護支援機構
神戸市西区前開南町1-2-1 
電話:078-976-5050 FAX:078-977-0224
E−mail:dnso5050@gmail.com



投稿者: admin 投稿日時: 2013-10-24 13:45:27 (1484 ヒット)

 2013年10月26日・27日に予定していた第2回・第3回の災害看護活動推進員認定育成コースセミナーは、台風27号の接近に伴い延期いたします。

 延期後の日程は下記の通りとなります。

 2013年10月26日(土) 第2回(延期)
 2013年10月27日(日) 第3回(延期)
 2014年2月22日(土) 第4回
 2014年2月23日(日) 第5回
 2014年3月29日(土) 第2回(再設定)
 2014年3月30日(日) 第3回(再設定)

 詳しくはこちらをご覧ください。


投稿者: admin 投稿日時: 2013-10-15 18:31:28 (1844 ヒット)

日本赤十字看護大学の主催で下記のシンポジウムを開催いたしますので、ご案内いたします。

シンポジウム「災害支援活動における各職種間の連携、その実際と課題」
―被災者中心の連携は、どうあるべきか―


日時:平成25年12月18日(水)13:30〜16:30
場所:日本赤十字看護大学 広尾ホール

プログラム

挨拶


〜 DNGL共同大学院博士課程前期・後期教育課程一貫教育の開設に当たり 〜
   高田早苗(日本赤十字看護大学学長)

基調講演 「復興支援 被災者に寄り添う活動」


   演者 室崎益輝
(ひょうご震災記念21世紀研究機構研究調査本部長・神戸大学名誉教授・兵庫県立大防災教育センター長)
   座長 福井小紀子(日本赤十字看護大学 地域看護学教授)

シンポジウム 
「災害支援活動における各職種間の連携、その実際と課題」
 〜被災者中心の連携はどうあるべきか〜


   シンポジスト
      黒田裕子(阪神高齢者・障害者ネットワーク理事長)
      稲垣文彦(中越防災安全推進機構 復興デザインセンター長)
      永井幸寿(アンサー法律事務所弁護士)
      佐藤庸安(佐藤庸安税理士事務所所長)
   座長 酒井明子(福井大学医学部看護学科教授)
      小原真理子(日本赤十字看護大学 国際・災害看護学教授)

※チラシダウンロード

問い合わせ


日本赤十字看護大学
災害看護グローバルリーダー
学際・産官学PT 事務局 葛西
〒150-0012
東京都渋谷区広尾4-1-3
03−3409−0875

※当初、12月19日(水)と掲載いたしましたが、12月18日(水)が正しい日程です。訂正してお詫びいたします。


« 1 2 (3) 4 5 6 »