Index
検索
| RSS |
  
投稿者: admin 投稿日時: 2018-01-11 16:35:53 (167 ヒット)

延期となりました(2018.2.1)

2018年1月11日
NPO法人災害看護支援機構
理事長   小原 眞理子


            ハイチ視察について(ご案内)
 年末依頼、厳しい寒さに日本列島は震えあがっているようです。各地で雪の被害もでています。被害に会われた方々にはお見舞い申し上げます。
 さて、2016年1月にご案内いたしましたハイチ視察は現地の政情不安定・治安悪化等環境が整はず、現地派遣は行いませんでした。ご存じのように災害看護支援機構の活動の中で、ハイチの震災(2010年1月12日)については
  第1回目現地支援~2010年3月
  第2回目現地支援~2013年6月
  物資支援(冷蔵庫2台分)~約53万円
  資金援助(農業技術学校)~150万円(CODEを通じて)
以上のような支援を行ってきました。2017年度総会(6月)におきまして、ハイチへの最終支援として農業技術学校の視察が決議されました。ハイチの状況は落ち着いてきており、視察を企画いたしましたのでご案内をいたします。なおハイチへの支援は今回の視察をもって終了といたします。

要件:災害看護セミナー認定講座を2回以上受講し認定証をもっている方
災害看護について研鑚を積まれ、実績も積まれている皆様には 是非 積極的に意思表示をお願いいたします。

 申込締切:2018年1月29日(月)

ツアー概要
日程     2月26日~3月3日
メンバー   小原眞理子理事長、吉椿CODE事務局長(コーディネーター)、
       応募して下さった方  以上3名
費用:
DNSO負担:  渡航費(アメリカ経由) 約230,000円(約390,000円)
海外旅行保険: 約10,000円
車両、ガソリン、通訳、ボディガード: 約150,000円    

個人負担: ホテル(泊)4泊:約3万2千円(約 49,200円)
食費:1日約3,600円×4日=14,400円
ESTA(電子渡航認証システム):2,800円
以上は本人負担となります。予定金額ですので、お含み置き下さい。
                            以上


投稿者: admin 投稿日時: 2010-04-26 12:15:31 (5294 ヒット)

『被災病院における発災直後の看護活動
−入院患者と職員の安全を守るための情報・判断・行動−』


医療施設が大地震などの災害に巻き込まれたとき、患者と自分自身の安全を確保するにはどうすればよいのか、発災から24時間に焦点を絞って解説します。新潟県中越地震で被災した小千谷総合病院の実例と、その経験をもとにしたシミュレーション問題など紹介します。災害に関心のある看護師、看護教育関係者、医療関係者向け

◎内容(時間 約63分)
1.災害看護の基礎知識(16分)
 ・災害対策の基本 CSCATTTとは
 ・被災病棟でのCSCATTT
2.災害拠点病院における医療職のコンピテンシーモデル開発の研究結果の紹介(5分)
3.小千谷総合病院の実例とシミュレーション問題(32分)
4.アドバンスレベル〜もしも自分の病院が被災したら〜(10分)

◎DVD制作
小原真理子(日本赤十字看護大学 国際・災害看護学教授)
黒田 裕子(NPO法人 阪神高齢者障害者支援ネットワーク理事長)
佐藤 和美(前小千谷総合病院看護部長)
石田 千絵(昭和大学保健医療学部看護学科 地域・在宅看護学講師)
菅野 太郎(東京大学大学院工学系研究科認知システム工学研究室准教授)
早野貴美子(首都大学東京人間健康科学研究科博士後期課程)
河原加代子(首都大学東京人間健康科学研究科教授)
企画・制作・著作:災害看護研究プロジェクトチーム
制作:日経映像 税込価格 5,000円
時間:約63分(DVD)

詳しくは日経映像の紹介ページへ。


投稿者: admin 投稿日時: 2010-04-26 12:01:24 (2921 ヒット)

『演習で学ぶ 災害看護』 (南山堂)

発刊:2010年3月 1版
・監修:小原真理子(日本赤十字看護大学教/災害看護支援機構副理事長)  
・定価:2,940円(本体2,800円+税5%)
・B5判 248頁
・ISBN978-4-525-50261-4

概要
 姉妹本『災害看護―心得ておきたい基本的な知識』で習得した知識を活かすための演習マニュアルです。本書は災害看護の「知識と実践を結ぶ架け橋」となることを目指して作成しております。災害時に活用できる具体的な看護技術を,原則を踏まえた上でその応用や特殊性を示しました。さらに,事例に基づいた演習の展開方法を記載し、より実践的な内容に構成しています。看護学生や指導教員のみならず,現役の看護師にとっても有用なテキストです。

 詳しくは南山堂の同書紹介ページへ。


投稿者: admin 投稿日時: 2009-02-11 11:38:00 (4008 ヒット)

サウジの特徴を考慮した災害看護研修(1)(Disaster Nursing)

(小原)

1.サウジアラビア王国における災害発生の特徴

 サウジアラビア王国は自然災害の発生は少ないが、通常の大型交通事故や爆弾テロの発生、マッカにおけるハッジ(マッカにあるカーバー神殿への大巡礼)*には何百万人が当地に集まり毎年、将棋倒しにより数百名単位で死亡する集団災害が発生し、圧死や外傷を被る人々が多いという背景がある。マッカ市内には7つの病院,またマッカ周辺には11の病院が設置されているが、ハッジの季節が近づくと、海外のイスラム圏(インドネシアなど)やサウジアラビア全国からハッジ対応医療チームがマッカ市内及び周辺の病院に派遣され、集団災害発生時に直ぐ対応できるように備えている。

 プロジェクトの拠点病院であるリヤドのRiyadh Medical Complexは、大型交通事故や爆弾テロの発生時の救急災害対応病院としての機能がある。また特にマッカから車で1時間の地にあるジェッダのKing Fahad Hospitalは、ハッジ対応病院として通常の医療活動の中に、多数の救急患者を受け入れる役割がある。双方の病院とも定期的な災害訓練を実施していると述べていた。しかし、全国基盤としては、病院によって災害医療、災害看護の取り組みに対する温度差があり、看護師の災害看護に対する知識、技術の修得度も違いがみられる。当然、災害医療、災害看護に取り組んでいる病院の看護師は知識、技術とも長けており、日本における災害拠点病院と非災害拠点病院との災害に対する意識や病院防災対策の温度差がある現状と共通性がみられている。

*ハッジ(Hajj):アラビア語でハッジとは「ある明確の目的のために出発する」という意味を指し、イスラームで いうハッジとはサウジアラビアのメッカにあるカーバ神殿に巡礼し、イスラームの教えによって定められた月(イスラーム暦の十二月)に行われる巡礼のことで一定の儀式 (マナシィク)を果すことを言い、特に「大巡礼」と言われている。それに対応し、オムラとは通常の巡礼であり、小巡礼と言われている。

2.ワークショップ(WS)の目的・目標設定

 2年間の実績とサウジ側のリクエストから、今年度WSの目的は、「病院内で発生した災害対応、特に入院患者を避難誘導する際に看護指導者として必要な判断力、技術力、行動力を習得し、新人看護師職等に指導できる能力を育成する」に設定した。

 目標は看護の役割にフォーカスし、次のように設定した。

  1. 1)病院防災のコード別対応とそれに準じた看護の役割について理解できる。
  2. 2)避難誘導時に必要なトリアージの意義や方法について理解できる。
  3. 3)入院患者の避難誘導の順番を決める際に必要なトリアージの種類として、「ふ  るい分け(Sieve)」と「優先度(Sort)」の決定ができる。
  4. 4)入院患者を安全に避難誘導する際に、患者に適した搬送手段や方法を選択で  きる。
  5. 5)災害発生時の安全な避難誘導について、新人看護師に指導する際に必要な企画、運営、指導ができる。

3.ジェッダで開催したプログラム内容と実施・評価

1)プログラム内容

8:30-9:00 日本の事例紹介:災害基幹病院における災害対応(武田担当)
9:00-10:00 本日のテーマのねらい、タイムテーブルの説明
トリアージの目的と方法(小原による講義)
10:00-10:20 Coffee Break
10:30-11:00 King Fahad Hospitalにおける災害対応
(同病院災害担当、スーパーバイザーNOORAH AL-HOWAISH)
11:00-12:00 映像トリアージシミュレーションと検証(小原担当)
12:00-13:00 Lunch & Pray
13:00-14:00 災害管理(KGFH災害担当師長)
模擬患者メーキャップデモンストレーション
14:00-14:30 トリアージの演習1:
模擬患者の想定とメーキャップ
講習(グループ別)(小原担当)
14:30-15:30 トリアージの演習2:
・START方式(Sieve)(デモを含む、グループ別)
・医療トリアージ(Sort) (小原担当)


2)実施・評価

 映像トリアージシミュレーションと検証については、映像によるトリアージの決定と理由についての検証は、参加者に順番に発表してもらったが、その発表内容から受傷内容のアセスメントが適切であると評価できる。

 また意見交換が活発であり、関心の高さと把えた。

 トリアージの演習1:模擬傷病者のメーキャップ講習については、デモ後、グループで想定した模擬患者のメーキャップを行ったが、材料に工夫がみられたこと、デモで学んだ手法を取り入れるなど、学習への興味と効果が確認できた。

 トリアージの演習2:START方式(Sieve)・ 医療トリアージ(Sort)については、デモ後、グループ別に演習を行ったが、取り組みに個人差がみられた。体験者は積極的に自分が習得している技術を活用し、学ぶ姿勢が見られた。反対に関心がない参加者も存在した。

 目標5の「新人看護師に指導するTOTの評価」については、病院で災害看護の役割を担っている者はTOTとしての成果がみられたが、そうでない参加者にとっては、TOTとしてのレベルまでは達成していない。まずは参加者自身が災害看護の基本的知識について習得することが必要である。TOTのレベルに達している参加者には、教授法のセミナーを受講することで、指導力の強化が期待できる。

3)サウジ看護師によるプレゼンテーション

 一昨年度の来日研修生が、昨年に引き続き所属しているキングファッド総合病院 (KFGH)の「Nursing Disaster Plan」について発表を行った。彼女はSupervisorの役割と共に院内における災害看護Coordinatorの役割も担っている。

 発表内容は、災害とは、院内災害及び院外災害の規模別コード化、水平及び垂直式の避難行動、映像による災害の種類、トリアージチーム「Blue」の位置、トリアージの区分、トリアージチームの役割、一昨年行った多数の傷病者受け入れ訓練の映像(トリアージ別の受け入れ準備、搬送チームとの連携等)、交通事故による外傷の映像、結論として一人でも多くの命を助けるために訓練の重要性を説いている。

 6年前からKFGHの災害担当となった。訓練は行っている。今まで新人看護師教育においても災害看護を取り入れていたが、講義のみであった。昨年度のジェッダワークショップで机上シミュレーションやトリアージの映像シミュレーション、模擬傷病者を用いた訓練を学んだことや、その後、日本での研修に参加した時に日赤武蔵野短大で行われた現場救護所の設営など、今後の参加型教育方法を考える上で参考になった。

 今年度、多数の傷病者を受け入れる時の看護師配置表の作成や、病棟に避難経路を掲示する等、災害看護関連の実践として多いに研修の成果が表れていた。

5.今後の課題

 今後の課題として、下記があげられた。

  1. 1)サウジ看護師を対象とした災害看護TOT強化プログラムの作成
  2. 2)災害看護TOTセミナー開催に向けての企画・運営
  3. 3)MOHムニエラ看護課長との話し合いにより、災害看護セミナーの継続を希望するが、それに当たり日本の専門家も引き続きフォローアップを期待する。
    それに際し、セミナー継続開催のねらいが明確でないため、下記について情報を得ることが必要と考える。
    1. (1)ハッジなどの集団災害現場へ派遣する看護職の人材育成
    2. (2)派遣組織体制
    3. (3)多数の傷病者を受け入れる病院の初動体制の仕組みと看護職の人材育成
    4. (4)災害看護のTOTプログラムの開発と人材育成
    5. (5)3つの拠点病院以外への災害看護の普及
    6. (6)「3年間のプロジェクトの動向、3つの拠点病院における災害看護の開発」についてのシンポジウムの開催


投稿者: admin 投稿日時: 2008-06-09 00:47:00 (2284 ヒット)

災害看護支援機構のメンバーを交えた、四川派遣チームの出発の様子を、「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」でご紹介頂いています。なお派遣した3名は6月8日夜に帰国いたしました。

6月6日
http://blog.canpan.info/makezu/daily/200806/06

6月7日
http://blog.canpan.info/makezu/daily/200806/07

6月8日
http://blog.canpan.info/makezu/daily/200806/08

6月9日
http://blog.canpan.info/makezu/daily/200806/09


(1) 2 »