Index
検索
| RSS |
  
投稿者: admin 投稿日時: 2018-07-12 16:12:36 (26 ヒット)

災害看護支援機構の皆さま
 ご承知のように西日本豪雨の被害がまだ広がりを見せ、広い範囲で大きな被害が出ています。被害を受けられて方々にはお見舞いを申し上げます。また、土石流による死者も多数出ており心よりお悔やみを申し上げます。
 DNSOでは当初先遣隊派遣を考えましたが、すでに現地支援の緊急性がでていますので、支援体制を組むことを考えています。
 7月13日には役員メンバー及び現地在住会員が現地(広島)にて情報を持ち寄り、支援地域の確定、現地のニーズの把握、など検討いたします。また、メンバーは災害看護学会員でもあり、協力し合う体制を創っていきます。
 時期的には気温も高く、水害の特性として感染症に対する配慮が求められます。会員の皆さまには詳細が決まり次第お知らせいたしますので、現地支援へのご協力をよろしくお願いいたします。
                      理事長:小原眞理子


投稿者: admin 投稿日時: 2017-11-10 17:04:11 (377 ヒット)

 南阿蘇村地域支え合いセンターの支援活動派遣者募集ですが、
 http://www.saigaikango.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=58

 皆さまのご協力を得まして年度内のプログラムが確定いたしました。
 ご協力に感謝いたします。


投稿者: admin 投稿日時: 2017-08-18 19:06:10 (601 ヒット)

募集は終了いたしました(2017.11.10)

会員の皆様


 2016年4月14日、16日に発生した熊本地震後1年4半ヶ月が経過しました。2016年度私たちは西原村の支援をしてきましたが、被災地の一つ熊本県南阿蘇地区でも被災者の方々が仮設住宅での生活を続けておられ、支援者も不足しているという状況を把握いたしました。そこで2017年度は南阿蘇地区(村)にて災害支援活動が開始することといたしました。
 下記の要領で支援者の募集を行います。ご協力をお願いいたします。

1. 日程:
 ① 平成29年9月〜平成30年2月(毎月、1回、2日間)
 ② 派遣される人の希望日
 ③ 実働は 連続する2日間(月曜日から金曜日)祭日含む。

2. 時間:
 8:30〜16:00

3. 活動場所:
 南阿蘇村地域支え合いセンター
  (住所:〒869-1412 熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2705)
  南阿蘇村仮設応急団地、みなし仮設住宅など

4. 活動内容:
 ① 生活相談支援員に同行し、応急仮設住宅やみなし仮設住宅の被災者支援を行う。
 ② サロンや交流会へ参加し、健康相談を行う。
 ③ 生活相談支援員の身体的、精神的な支援を行う。
 ※ 詳細については、派遣者へご連絡いたします。

5. 派遣者人数:
 1回の派遣につき、1〜2人

6. 派遣者の要件:
 ① 看護職の人
 ② レンタカーが運転できる人

7. 交通費・宿泊費の一部助成があります。(上限5万円)

8. 申し込み方法 下記にメールしてください。
①氏名 ②年齢 ③住所 ④希望される月 ⑤連絡先(mailアドレス、電話番号)
⑥DNSOのセミナー受講の有無、内容、回数 ⑦これまでの災害支援活動経験の有無、活動内容、回数

<お問い合わせ先・連絡先>日本災害看護支援機構 事務局
mail:dnso5050@gmail.com


投稿者: admin 投稿日時: 2016-08-19 16:30:00 (776 ヒット)

                       NPO法人災害看護支援機構
                       理事長 小原眞理子
 暦の上では立秋を過ぎましたが暑さ真っ盛りの毎日です。皆様にはお変わりなくご活躍のことと存じます。
 熊本県阿蘇郡西原村の西原中学校避難所で支援活動を6月6日から開始し、7月19日の避難所閉鎖後は、どのような支援が可能か、思考錯誤がありました。現在はにしはら村地域包括センターからの要請もあり、同センターを拠点に地元のケアマネジャーや社会福祉士、他の外部支援団体と協働しながら個別訪問や仮設住宅での支援活動を行っています。引き続き被災地の方々に寄り添い、中長期を見据えた支援活動を今後も続けていきたいと思います。つきましては下記要領にて再度支援活動に協力してくださる会員の方を募集いたします。ぜひ皆様のご協力をお願いいたします。ご連絡はメールでお願いいたします。
                                       
1、日程 
   10月以降(土、日、祭日は活動なし)
   (3日以上現地活動が可能な方、希望日の状況によって、包括と調整します。)
2.活動場所
   熊本県阿蘇郡西原村/にしはら村仮設住宅、在宅避難者
3、活動内容
   仮設住宅及び在宅の方々のケア(くらしの支援)  現地移動のため車の運転可能な方
4、費用
   交通費、宿泊費、現地移動費(レンタカー)は DNSOが負担
(ボランティア保険はDNSO事務局が手続きいたします。)
                                                                    
5.連絡先
 酒井副理事長: E-mail:sakaiaki@u-fukui.ac.jp
 DNSO事務局:E-mail:dnso5050@gmail:com
         電話:078-335-8668    事務局:西村、宇都


投稿者: admin 投稿日時: 2016-07-13 10:24:04 (797 ヒット)

 5月末から支援を開始した西原中学校避難所は、7月は仮設住宅への移行期となり、避難所は7月18日をもって閉鎖・統合となります。被災者の皆さんは仮設住宅への移行の準備や中学校へ体育館をお返しする準備に追われています。
 今後の活動につきまして、仮設住宅、在宅、統合された避難所などのケアが必要と考えてきましたが、現地の支援者(公助)からは、さまざまな団体が支援に入ることによる個人情報の拡散を懸念する声が強く上がりました。
 この状況をもちまして、当機構は、22日の体育館返却をもっていったん活動を終了することといたしました。ただ、私たちの被災地支援の経験知からは今後の支援の重要性も十分に認識しています。 熊本の復興はまだまだこれからです。私たちの眼を熊本から離さずにいましょう。今後はテンポラリーな活動、また現地からの要請も含めて対応していきたいと考えています。
 西原村へ足を運んで支援に当たって下さった皆様、日程が合わずに仕事場からエールを送って下さった皆様、ありがとうございました。今後の支援活動にも是非ご協力をお願いたします。ご一緒に活動しましょう。

2016年7月13日
NPO法人災害看護支援機構
理事長 小原眞理子


 熊本支援についての寄付金募集中
   振込み先
     郵便振替
      番号:00110-6-669781
      口座名:特定非営利活動法人 災害看護支援機構
      ※「熊本支援寄付」と明記してください。


(1) 2 3 »